財団スタッフDIARY


【FORUM PRESSレポーター】「手作り人形で人形劇を上演しよう!」ワークショップ


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2017年8月10日(木)に開催された、夏休みのワークショップ「手作り人形で人形劇を上演しよう!」を、
親子で参加した2人がレポート!

FORUM PRESSvol.82にもレポートを掲載しています。コチラからPDFでお読みいただけます。

IMG_4172s
同じキットからたくさんの人形ができます


icon_tamotokanna Report228【楽しかったよ、人形げきと人形作り】  たもと かんな(小学生レポーター)

 わたしは、お人形作りと人形げきをするワークショップにさんかしました。お人形は、スポンジを使って、作りました。わたしは、うさぎのお人形を作りました。ほかに、ねずみやきつねなどのお人形を作っている子もいました。先生に作り方を教えてもらいながら、作りました。わたしは、うさぎの耳にリボンをつけて、かわいくしました。
 お人形がかんせいしたら、自分で作ったお人形で人形げきをしました。まず、先生に、人形げきの見本をしてもらい、見本をさんこうにして、お友だちと人形げきをして遊びました。みんなで、お人形をうごかしながら、じこしょうかいをしました。じこしょうかいでは、作ったお人形に名前をつけて、お人形の名前とつたえたいことなどを、言いました。
 みんな、たくさんくふうして、お人形を作っていて、すごいと思いました。みんなで、お人形を使って遊べて楽しかったです。

IMG_4398s
完成したお人形と一緒に☆


icon_kinorumi Report229【人形を自分で作って、人形劇】 紀 瑠美

 文化フォーラム春日井と春日井市民会館では、「かすがい文化フェスティバル」として、夏休み中、子どものための多彩なワークショップが開催され、大盛況でした。
 8月10日(木)には、小学生20名が、スポンジで人形を手作りし、人形劇をして遊びました。初めに、「人形劇団むすび座」の安藤さんによる人形劇の実演を見て、イメージをつかみます。その後、作り方の説明を受け、講師の先生方に教えてもらいながら、鍋つかみ用ミトンのような形(親指なし)のスポンジに、手や耳、目鼻口などを付けて、ウサギやネズミ、オオカミなど工夫いっぱいの人形を作りました。
 出来あがった子から、人形を手にはめ、さっそく遊び始めました。初めて出会った子どもたちがすっかり仲良くなって、人形劇風にオーディションごっこをしたり、大きな魚釣りごっこをしたりして楽しんでいました。先生方に表現のコツを教えてもらい、工夫する姿もありました。最後には全員で、人形が順番に自己紹介する人形劇を演じていました。

IMG_4357s
最後は全員でお人形の自己紹介!



Loading

    カテゴリー

    最近のエントリー

    アーカイブ