財団スタッフDIARY


新年度開始! 理事長講話「昆虫から学ぶ生きる知恵」を聞きました


みなさんこんにちは!
今年で入社3年目になります。スタッフの鈴木です。
新しい年度がスタートしましたね!

4月1日(土)に、当財団の山下興亜理事長による辞令交付と、職員への講演会が行われました。
中部大学名誉学事顧問で、農学、資源昆虫学、昆虫生理生化学などをご専門とされる山下理事長。
公演のテーマは「昆虫から学ぶ生きる知恵」!
普段の研修などでは、なかなか聴くことのできない内容です。

IMG_9301

明るくユーモアのある理事長のお話に、会場からは度々笑いが起きていました。

「ミツバチがあたらしい巣を探すときは、すべての個体のデータが平等な価値を持ち、最終的に全員一致で決める。絶対民主主義の原則ができている」
「昆虫は、“休眠”という活動しない期間を持ったり、活動する季節を変えることで、多様な生き物が共生できるしくみを作っている」
といったお話は新鮮で、昆虫の生き方には、人間も教えられることがとても多いなと驚きました!

新しい年度、広い視野を持って、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

[2017/04/05|投稿者:鈴木史子]



Loading

    カテゴリー

    最近のエントリー

    アーカイブ