施設の魅力再発見!


ガラス飛散防止フィルムの秘密


イラスト=スタッフ・森田完幸

文化フォーラム春日井のトレードマークといえば、全面ガラス張りの開放的な交流アトリウム。アトリウムの窓ガラスには、ある秘密が!それは、全面に貼られた「ガラス飛散防止フィルム」。大地震などの衝撃でガラスが割れたとき、破片が飛び散るのを防ぐため、約400枚のフィルムが貼られています。2019年の年明けには、フィルムを新しいものに取り換える工事を行いました。透明で目には見えませんが、いざという時に命を守る、大切な役割を担っているのです。

Loading

施設の魅力再発見!