財団スタッフDIARY

2019年11月の記事一覧


【FORUM PRESSレポーター】
OKB大垣共立銀行presents春日井まつり前夜祭
由紀さおり50年記念コンサート2019~2020❝感謝❞


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2019年10月18日(金)に開催された、
【OKB大垣共立銀行presents 春日井まつり前夜祭 由紀さおり50年記念コンサート2019~2020 ❝感謝❞】をレポート!

由紀さおり_500

icon_NEW_tamotokannna Report382【今までも、そして、これからも】田本莞奈

春日井市民会館で、春日井まつり前夜祭「由紀さおり50年記念コンサート」が開かれました。
ライトに照らされ、大きな拍手につつまれる由紀さん。いよいよコンサートのはじまりです。第1部は真っ白なドレスを着て、「50年をふり返って」をテーマにたくさんの歌をひろう。第2部は、真っ赤なドレスで、「もみじ」など秋らしい曲も歌ってくださいました。そして、観客の拍手にこたえて再び登場した由紀さん。アンコールは、「あなたにとって」という曲を皆で歌いました。「あなたにとって」について由紀さんは、「ハロウィンやクリスマス、またおたんじょう日会など、いろいろなところで歌ってほしい。そして、この曲を自分の曲にしてほしい」と語りました。
曲によって、表情や動作を変えていて、すごいなと思いました。「これからもずっと歌いたい」と語る由紀さん。また、ききたいです。


【FORUM PRESSレポーター】
中部フィルハーモニー交響楽団春日井特別演奏会
作曲家・渡辺俊幸のシネマ&ポップス!


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2019年9月14日(土)に開催された、
【中部フィルハーモニー交響楽団春日井特別演奏会 作曲家・渡辺俊幸のシネマ&ポップス!】をレポート!

中部フィル_500

icon_kawashima Report380【オーケストラからスクリーンが見える】川島寿美枝

今回の春日井特別演奏会では朝ドラや大河ドラマの曲を手掛けた作曲家・渡辺俊幸氏がオーケストラのために編曲し、中部フィルハーモニー交響楽団のタクトを振りました。第一部は映画の世界。誰でもなじみのある映画音楽です。映画のシーンが音楽とともに目に浮かびます。プログラムの中の「もしもモーツァルトがハリウッドの映画音楽家だったら!」では、モーツァルトの交響曲第41番を「ヒーローのテーマ」、25番を「宿敵のテーマ」、クラリネット協奏曲を「ヒロインのテーマ」として、ハリウッドのヒーロー映画のようにアレンジ。重厚なオーケストラの音は渡辺氏が敬愛するジョン・ウィリアムズ風。渡辺氏の編曲家としての手腕のすごさも見た思いです。
 第二部は、「お茶の間の世界」と題して、渡辺氏が作曲された朝ドラや大河ドラマ、アニメの主題曲を中心に演奏されました。オーケストラの音を最大限に生かし、まるでクラシックコンサートを聴いているよう。TVから聴いていた音楽とは一味も二味も違っていました。


【FORUM PRESSレポーター】KAKUTAのとびだす童話「ねこはしる」


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2019年8月18日(日)に開催された、
【KAKUTAのとびだす童話「ねこはしる」】をレポート!

IMG_7483_500

icon_hayashi2018Report378【友情のために『ねこはしる』】林佳枝

東京を中心に活動する劇団「KAKUTA」による音楽劇「ねこはしる」。扇谷研人さんによる音楽は軽快ですこぶるセンスがいい!メインボーカルの花れんさんの声は天使のように清らか!第一声で観客を魅了していました。出演者によるダンスもお洒落でカッコよかったです。
お話は子どもよりもむしろ人生経験を積んだ大人により深く訴える力を秘めた、とても上質なものでした。「親子わくわくプログラム」ということで親子連れがほとんどでしたが、内容は「かけがえのないものを失いそうになった時どうするか」を問うもの。劇が進むうち年齢に関係なく鼻を啜る音が暗い客席のあちこちから聞こえてきました。そして、子どもの背中が自然に親の方に寄り添っている姿を何組も目にしました。素敵な舞台ではありませんか?「KAKUTA」という劇団、只者ではありません。春日井で観ることができて幸せでした。