【演劇×自分史】発表会
この場所、自分史


自分史って「書く」だけじゃない!?
自分史を使って、演劇で遊んじゃいました!

春日井市の巨大マップ上にみなさんから集まった、
「場所」にまつわる思い出やエピソードをヒントに、遊んじゃいました!
3月に8回にわたってワークショップを行い、3月25日(日)に発表会を行います。
「書く」だけではない自分史の楽しみ方を、ぜひ、観に来てください。

「この場所、自分史」チラシのダウンロードはコチラから!(PDFファイル:1.80MB)

[演出]
有門正太郎

[アシスタント]
服部哲郎(振付家)、岡本理沙(俳優)

[出演]
ゆうゆ(安藤優由)、オオタさん(太田元明)、みどりちゃん(梶田みどり)、
くーちゃん(黒川ゆかり)、きょうみちゃん(高木京美)、まっきー(真木美知子)、
カズシさん(村井一氏)、ちえり(宮本千愛里)、たかしくん(宮本翔志)

会場文化フォーラム春日井・視聴覚ホール
開催日2018年3月25日(日)
時間14:00~
入場料無料
主催・問合せ

かすがい市民文化財団 0568-85-6868

[演出家]
180325_arikado有門正太郎(ありかど しょうたろう)≪俳優・演出家≫

1975年生まれ、福岡県北九州市出身。倉本聰主宰「富良野塾」、泊篤志代表「飛ぶ劇場」所属。高校演劇専科での講師経験を活かし、北九州芸術劇場「日韓合同キャンプ、チャレンジ!えんげき」などの総合演出なども務める。俳優として様々な全国ツアー公演などに参加する傍ら、自身の団体「有門正太郎プレゼンツ」を2005年より始動、作・演出も務め「笑顔になれば何でも出来る」を合い言葉に笑顔推進運動を行っている。
また最近は空想写真お散歩ワークショップを北九州内外で開催し、小学校などでもアウトリーチ活動をしている。

 

[アシスタント]
180325_arikado服部哲郎(はっとり てつろう)≪振付家≫

ダンサー、振付家。 1984年生まれ。ダンスカンパニーafterimageとダンスカンパニーarchaiclightbody 2つの団体で主宰、振付、ダンサーを務める。
フランス、カーン国立振付センターが製作する『Just to dance…』にダンサーとして選出され世界30か所で上演されたツアーに全て参加。
振付家としても幅広い作風を持つのが特徴。コントクトインプロヴァイザーでもある。
また松竹亭ズブロッカとして落語にも挑戦。
名古屋外国語大学非常勤講師

撮影:清水俊洋

 

180325_arikado岡本理沙(おかもと りさ)≪俳優≫

俳優/愛知県長久手市出身
2009年、はせひろいち氏の演出する舞台への出演をきっかけに、うっかりその気になって役者をはじめる。
2012年、星の女子さん入団。長身と揺れる声を武器に、名実ともに星の女子さんの看板女優となる。
「刈馬演劇設計社」「劇団ジャブジャブサーキット」「てんぷくプロ」など外部出演多数。
七ツ寺共同スタジオプロジェクト『尿意』(作・諏訪哲司/演出・天野天街)における演技にて第2回俳優A賞を受賞。


[助成]一般財団法人地域創造

Loading

ジャンル別

会場別