ホーム - イベント詳細


浅田政志『私の家族』写真撮影プロジェクト《春日井版》
締切 2022年6月15日(水)必着

浅田政志の共同作業者(被写体)になりませんか?
2022年11月26日〜12月18日に開催する「浅田政志展」(文化フォーラム春日井)にて、
家族の物語と、撮影した写真を展示します。

『私の家族』は、あなたと僕、浅田政志の共同作業によって写真を撮影するプロジェクトです。“家族”はあなたの家族でも、記憶に刻まれる家族でも、家族のように大切な人でも、家族のような仲間でもかまいません。あなたにとっての『私の家族』を、その物語とともに教えてください。撮影した写真と家族の物語は、2022年11月から開催する文化フォーラム春日井・ギャラリーでの浅田政志展にて発表します。あなたのご応募をお待ちしています!(浅田政志)

【対象】
・春日井市内にお住まいの方、または愛知県内にお住まいの方で春日井にゆかりのある方(住んだことがある、通ったことがある、友人が住んでいた等)。
・2022年9月(金曜日~月曜日)の間に、1日間撮影に参加できる方。
※打ち合わせ(7月〜8月に実施)に、1〜2回程度ご参加ください。
※撮影可能な日程を、申込時にお知らせください。選考後に、日程を調整させていただきます。

【選考】
・募集人数は、5組程度。
・浅田政志さん本人が書類選考いたします。結果は、ご参加が決定した方にのみ、7月15日(金)までにご連絡いたします。
※本プロジェクトでは、撮影した家族写真と参加者による文章で、家族の物語を紹介します。
書類選考では、「応募動機(400字以内)」をしっかりと読ませていただきます。

【申込方法】
下記①~⑦を、メールまたは郵送にてお送りください。

①応募者氏名(ふりがな)
②年齢
③被写体となる人びとについて(続柄や年齢層など)※ご応募者本人のみの参加も可
④住所
⑤電話番号
⑥撮影に対応できる9月の日程(金曜日〜月曜日)を全てご記入ください
⑦応募動機(400字以内)

[メール]2206asada@kasugai-bunka.jp (件名を「私の家族 氏名」としてください)
[郵送]〒486-0844 愛知県春日井市鳥居松町5-44 文化フォーラム春日井 かすがい市民文化財団「私の家族」係

【募集締切】
2022年6月15日(水)必着

【留意事項】下記を必ずご確認の上、お申し込みください。
・応募の前に、被写体となる方全員が撮影に同意なさることをご確認ください。
・マスコミ等の取材が入る場合がございますので、ご了解ください。
・被写体となった写真および文章は、浅田政志の作品として、国内外の美術館、文化施設あるいはギャラリー等での展覧会に出品される場合があります。
・被写体となった写真および文章は、浅田政志の作品として、浅田政志の著書やメディア、SNSを含むインターネットおよび印刷物(ポスター、チラシ、カタログ等)にて掲載される場合があります。
・撮影した写真は、プリントを額装してプレゼントいたします。
・撮影費、撮影にかかる浅田の交通費、プリント代および額装代はいずれも参加者負担ではありませんが、撮影のために小道具や衣装が必要な場合は、被写体の皆さまによる費用負担のうえご準備をお願いいたします。


主催・問合せ
  • かすがい市民文化財団 0568-85-6868

主催・問合せ
  • かすがい市民文化財団 0568-85-6868


『私の家族』
浅田政志さんの最新シリーズ『私の家族』は、家族が集合しない新しい「家族写真」の試みです。家族全員でカメラに向かうのではなく、参加者の視点から捉えられた家族像を、浅田さんによる複数の写真と、参加者による文章で表現します。『私の家族』は2020年から始まり、個展の開催地で様々な家族の物語が発表されてきました。春日井市は、大阪版、福岡版、茨城版に続くシリーズ4カ所目となります。

浅田政志(あさだ まさし)
写真家。1979年三重県生まれ。自らも被写体となった家族写真集『浅田家』(赤々舎)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。日本各地の市井の人々を撮影するアートプロジェクトや写真の啓蒙活動に精力的に取り組んでいる。著書『浅田家』と『アルバムのチカラ』(赤々舎)を原案とした映画『浅田家!』が2020年10月に公開された。