ホーム - イベント詳細


演劇×自分史「リーディング公演」参加者募集
締切 2022年9月8日(木)必着

演劇で自分史の魅力、再発見!
気軽にお芝居、楽しみませんか。
セリフは覚えなくてもOK! 台本片手にトライしましょう。
13歳から100歳まで、中学生以上の初心者、大歓迎!!

【リーディング公演とは】
役者が脚本などを持って朗読するスタイルの演劇です。朗読だけの場合もあれば、身体を動かすスタイルもありますが、大がかりな舞台装置などは登場しません。とはいえ、リーディングの見せ方もやり方も多種多彩。みなさんの個性と共に、一緒に創りあげましょう!

【演劇×自分史とは】
「演劇をつかって自分史で遊ぶ!」をキーワードに、市民とともに「自分史」の魅力を再発見するプロジェクト。2016年からスタートし、第1弾・第2弾では10〜70代までの参加者が、自身の自分史をつなぎあわせた作品を発表しました。第3弾公演「春よ恋」は、新型コロナウイルスの影響で発表直前に公演中止となり、オンラインでの映像公開へ。2年ほどストップした演劇×自分史ですが、新たな装いで再始動します。

演劇×自分史パンフレット2016-2019はコチラから!(PDF:9.63 MB)

【今回の試み】
今回の「演劇×自分史」プロジェクトのポイントについて
①コロナ禍からの再開ということで、過去3回試みてきた演劇公演ではなく、小規模且つ、人と人が接する機会を最小限にできる「リーディング」というスタイルを用います。
②これまでの「演劇×自分史」では、参加者の自分史を演劇という形へ昇華しましたが、今回は他人の自分史を読んでみるという試みを行います。

【講師・有門正太郎からのメッセージ】
初めましての方もご無沙汰の方もいらっしゃるでしょうか? 「演劇×自分史」のスタートから関わっている有門正太郎です。今回はリーディングです。朗読劇と言えば馴染みがある方もいるのかもしれません。今回は「他人の人生を読む」 。上手に読む事に私は興味ありません。作者の生活を想像しながら、あなたらしく読む、そんなリーディングになると嬉しいなぁ。演劇×自分史、再開するってよ(笑)。あなたに逢いたいです、待ってます。

【募集要項】
対象:中学生以上 ※上限年齢なし、国籍・演技経験不問。特技がある方大歓迎。
定員:20名程度 ※応募多数の場合選考あり。出演者は、全活動日程参加可能な方を優先。
参加費:一般¥5,000、U-25¥2,000、中高生¥1,000
申込方法「演劇×自分史リーディング」申込用紙(PDF)を、窓口に持参もしくは郵送・FAX・メールいずれかの方法で提出。
〔窓口〕文化フォーラム春日井2階・文化財団事務室
〔郵送〕〒486-0844 愛知県春日井市鳥居松町5-44 文化フォーラム春日井「演劇×自分史」担当宛
〔FAX〕0568-82-0213
〔メール〕ws2@kasugai-bunka.jp
件名を「演劇×自分史 リーディング申込み」とし、本文に①氏名(ふりがな)②住所③生年月日④年齢⑤性別⑥連絡先(連絡のつきやすい電話番号/E-mail)⑦経験年数・実績など⑧応募理由⑨趣味・特技⑩特記事項を記入。
応募締切:2022年9月8日(木)必着
※活動日時・会場は変更になる場合があります。予定が変わり次第連絡します。 ※12月、1月の全日程は、必ずご参加ください。それ以外の日程については、オンラインも含め、個別で相談に応じます。※全日程参加の方を優先させていただきます。


会場
  • 文化フォーラム春日井
    [日程]2022年9月23日(金祝)~25日(日)、10月21日(金)~23日(日)、11月18日(金)~20日(日)、12月16日(金)~18日(日)、2023年1月12日(木)~14日(土)〔最終日に公演予定〕
    時間〔平日〕18:00~21:00 〔土日祝〕13:00~17:00
主催・問合せ
  • かすがい市民文化財団 0568-85-6868
    [助成]文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

会場
  • 文化フォーラム春日井
    [日程]2022年9月23日(金祝)~25日(日)、10月21日(金)~23日(日)、11月18日(金)~20日(日)、12月16日(金)~18日(日)、2023年1月12日(木)~14日(土)〔最終日に公演予定〕
    時間〔平日〕18:00~21:00 〔土日祝〕13:00~17:00
主催・問合せ
  • かすがい市民文化財団 0568-85-6868
    [助成]文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

講師:有門正太郎(俳優・演出家)
1975年生まれ、福岡県北九州市出身。俳優として様々な全国ツアー公演に参加する傍ら、2005年より「有門正太郎プレゼンツ」を始動。作・演出も務め全国でワークショップ活動も行う。