中止・延期となった公演チケット代金の寄附および税優遇について

新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を受けて、中止・延期とした公演のチケット代を払い戻さず「寄附」することによって、税優遇を受けられる制度が文化庁・スポーツ庁において新設され、この度、対象公演として以下の当財団主催公演が指定されました。
当財団といたしましては、今後皆様の安心と安全を考慮した上で公演を実施してまいります。
皆様からの温かいご支援賜りますようお願い申し上げます。

※本制度の詳しい内容、税優遇の内容、具体的な流れについては以下をご覧ください。
文化庁・スポーツ庁: 制度のご案内 (PDFファイル:708 KB)、寄附控除適用までの流れ、Q&A(PDFファイル:140 KB)

【対象公演】
・演劇×自分史 カスガイ創造プロジェクト 第3弾「春よ恋」(2020年2月29日・3月1日)
・お勢、断行(2020年3月14日)
・令和二年度(公社)全国公立文化施設協会 主催 東コース 松竹大歌舞伎(2020年5月19日)

【対象となる方】
対象公演のチケットを払い戻さずに、代金を当財団にご寄附いただける方。
※払戻期間が終了した公演も対象となります。
※すでに払戻を受けていても、寄附のお申し出により、本制度を利用することができます。

【受付期間】
2020年10月31日受付分まで

【手続き方法】
かすがい市民文化財団までお問い合わせください。手続きに必要な書類を追ってお送りさせていただきます。

※申請受付後、概ね2ヶ月以内に確定申告に必要な書類をお送りいたします。ご自身で確定申告を行っていただくことにより、税優遇が受けられます。

【問合せ先】
かすがい市民文化財団 チケット寄附係 0568-85-6868

Loading