財団スタッフDIARY


【FORUM PRESSレポーター】演劇×自分史 第3弾「春よ恋」配信版(本編・ドキュメント)


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、コロナ禍で公演が叶わなかった
演劇×自分史 第3弾「春よ恋」配信版(本編・ドキュメント)をレポート!

春よ恋_IMG_6476_500×300

icon_kinorumiReport423【思い出を、生きる力へ】紀瑠美

コロナの影響で二度の延期の末に中止が決まった演劇×自分史「春よ恋」。出演者(市民有志)の悔しさ、伝えられないもどかしさに区切りを付けなければと演出家の有門正太郎さんと財団スタッフは、稽古時の映像を編集してオンライン配信すると決めました。出演者の思い出(自分史)を文章ではなく演劇で伝える企画は2017年に始まり、今回が3回目。興味はあっても、どこか近寄りがたかったのですが、回を重ねるごとに盛り上がっていきます。出演した人も、観た人も「すっごく良かった!」と言うので、「次は観に行こう」と思っていたら、配信に。ですが、画面越しでも熱い思いやエネルギーが伝わり、「これも自分史なんだ」と圧倒されました。出演者へのインタビューでも、「普段は自分のことをほとんど話さない」高校生がワークショップを重ねる中で「知らない大勢の前でも自分を語り演じる気持ちになれた」と話していて、「演劇×自分史」のパワーを感じました。