ホーム - レポート

レポート

【FORUM PRESSレポーター】反田恭平プロデュースJNOコンサート 2022ツアー


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2022年3月20日(日) に開催された
反田恭平プロデュースJNOコンサート 2022ツアーをレポート!

Report441 【感動の音色、「弾き振り」に圧倒!】紀瑠美

反田恭平さんがショパン国際ピアノコンクール第2位に輝いたこともあり、チケットの抽選倍率は13倍!熱烈なファンも初心者も、大きな拍手で出演者を迎えました。ほほ笑みながら言葉を交わすメンバーもいて、和やかな雰囲気です。前半、指揮に専念した反田さんは、後半で「弾き振り」を披露。曲は同コンクールでも演奏した『ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調作品11』です。反田さんが指揮をしながら椅子に座り、ピアノを弾き始めると、素晴らしい音色が会場いっぱいに響きました。最後は反田さんが立ち上がり、オーケストラに向かって大きく腕を振り完奏。即座に盛大なスタンディングオベーションが起こりました。反田さんは「また愛知に戻ってくると思います」と応え、愛知で暮らした幼少期の思い出を話してくれました。アンコールは反田さんの独奏で『ショパン:英雄ポロネーズ』。演奏後は拍手が鳴り止みませんでした。

Report442 【時の人のオーラを浴びて】みと満寿美
ショパン・コンクールで2位を取って以来、反田恭平さんは超人気!ご多忙にも拘わらず、1年半前、コロナで中止になった時の約束を守って、「時の人」は春日井に来てくれたのでした。本当に素晴らしいコンサートでした。コンクールの本選で圧巻の演奏だったピアノ協奏曲第1番と、とても華やかなショパンの英雄ポロネーズ。生で聴く贅沢を堪能しました。本当に楽しそうな反田さんの指揮、演奏と同時に指揮をする弾き振り、昨年、ミュンヘン国際コンクール第1位の岡本さんのバイオリン協奏曲と弦楽八重奏、反田さんが演奏家たちの安定した活動を応援するために作った日本初の「株式会社のオーケストラ」JNOの若々しくて才能あふれる演奏…。どれをとっても、今日聴くことができたことを、将来きっと自慢できるだろうな、と思いながら聴いていました。サムライの髪型、まだ20代とは思えない落ち着きと風格。ますますの活躍が本当に楽しみです。