財団スタッフDIARY


【FORUM PRESSレポーター】「第4回ワンコインコンサート『Shiki’s Friends』」


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2019年1月26日(土)に開催された、
【第4回ワンコインコンサート「Shiki’s Friends」】を、2人がレポート!

190126_shikis friends2

 

icon_kinorumi Report351【子どもと楽しむコンサート】 紀瑠美

 0才からのコンサートは満席。お父さんの参加率の高さに驚きました。10時半からの90分間、子どもたちをあきさせない作戦とは・・・。
 「Shiki’s Friends」は、マリンバの詩貴さんを中心に、ピアノの太田紗耶香さん、パーカッションの鈴木豊大さんのトリオ。かすがい市民文化財団「若手音楽家支援事業」第1期生に選ばれ活躍中です。
 0才と3才の子がいる詩貴さんが「たくさん音で遊びましょうね!」と呼びかけスタート。演奏に合わせ手拍子したり、歌ったりしました。楽器クイズでは、面白い楽器の音あてで遊びました。幼稚園で働いている、3人の友だちのさっこちゃんも登場し、手遊び歌も楽しみました。
 休憩後は演奏付きスクリーン紙芝居でみんなの興味をひきつけます。みんなでペットボトルシェーカーを演奏したり、曲に合わせて行進したり。メンバーの声がけと、いろいろな種類の遊びに、大人も子どもも夢中。みんなでわくわく、一生懸命に遊びました。

 

icon_NEW_tamotokannna Report352【気軽に楽しめるコンサート】 田本莞奈

 文化フォーラム春日井で、ワンコインコンサートが開かれ、たくさんの親子がおとずれていました。
 「Shiki’s Friends」の3人による、マリンバ、ピアノ、パーカッションの約90分間の演奏。自己紹介や楽器の紹介などもありました。0さいから入場できるということで、手遊びメドレーやアニメ・メドレー、『幸せなら手を叩こう』、『となりのトトロ・メドレー』などを演奏されていました。また、『たんばりんじゃじゃん』という、スクリーン紙芝居と生演奏や、『ガーナイア』という曲では、観客が、ペットボトルシェーカーを使って、音を出して、楽しむことができました。コンサートが終了したら、マリンバとパーカッションの体験もできました。
 マリンバ、ピアノ、パーカッションの音色だけでなく、ペットボトルシェーカーを使って音を出すなど、観客も参加できるコンサートだったので、楽しむことができました。



Loading

    カテゴリー

    最近のエントリー

    アーカイブ