財団スタッフDIARY

2019年12月の記事一覧


【FORUM PRESSレポーター】
夜コン特別編 Special Concert
アコースティックに染まる秋夜
出演 井草聖司(ギター)


「FORUM PRESSレポーター」による「わたしレポート」。
市民ボランティアが、かすがい市民文化財団のアレコレを紹介します。

今回は、2019年11月7日(木)に開催された、
【夜コン特別編 Specail Concert アコースティックに染まる秋夜】をレポート!

井草さん_500

icon_maezima Report385【ファンタスティック!!】マエジマキョウコ

一本のギターからベースやドラムやキーボード、さらにメロディーまでが聴こえてきます。
まさに神業!超絶技巧!!なんど聴いても驚きます。
華麗なアルペジオで始まる「Lakeside」、キラキラとロマンティックに降る雪のイメージの「snowflakes」などのオリジナル曲、そして誰もが耳にしたことのある「ルパン三世のテーマ」やJ-popメドレーなど、アンコールの「花火」まで12曲。エイトビートのリズムの手拍子でお客さんが参加する曲もあって、会場が一体となった楽しい1時間でした。
アンコールの「花火」は井草さんが18歳のときに作った曲だそうです。「浴衣で花火を見に行くイメージ」とのこと。しっとりとした和風の曲調から、一転、躍動感に溢れ、青春の花火が見えるようでした。もしかすると“彼女と”なのかな?心惹かれました。
少し関西なまりのあるトークも暖かくて大好きです。今年で5回目となる春日井での公演。
来年もぜひまた来てくださいね♪

icon_imaiReport386【ロマンチックな秋の一夜】今井明日香

前半は井草さんが作曲した曲から始まりました。最初の曲は「Lakeside」。しっとりとした音色から始まり、目を閉じると本当に湖の畔にいるようで、穏やかな気持ちになれました。次は打って変わって「Sunday Morning」というカントリー調の楽しい曲。お客さんも音楽に合わせて体を揺らしながら聴いていました。「Smile」という曲では、曲に合わせてみんなで手拍子をしました。ちょっと難しかったけど、会場全体で一つになって奏でる音楽!とても盛り上がりました。その後は流行りのJ-popメドレーやジャズが続き、そろそろ終わりの時間。拍手は鳴り止まず、アンコールで「花火」という曲を演奏していただきました。
私はアコースティックギターの生演奏は初めて聴いたのですが、一瞬でその音色に魅了されてしまいました。トークも面白くてとても楽しい夜でした。次回もぜひ聴きに来たいです。